ハンス・ヨナス-アウシュヴィッツ後の神の概念。 ユダヤ人の声

5,80 23,80  付加価値税込み、送料込み

アクセル・グルーベによる全文朗読
再生時間56分。
オーディオサンプル

 オーディオサンプル1
 オーディオサンプル2
 オーディオサンプル3
 オーディオサンプル4

リセット選択

»私の神話(急進化)は、基本的には、この宇宙進化論の中心的な用語であるルリアン・カバラであるツィムツームのアイデアにすぎません。 ツィムツームとは、収縮、引きこもり、自己制限を意味します。 世界のための空間を作るために、始まりのen-ssof、無限は、それ自体に、したがってそれ自体の外側に収縮して、それが世界を作り出すことができる空虚、無を作り出す必要がありました。 (...)彼が発展途上国に完全に身を捧げた後、神はそれ以上与えるものは何もありません。今や彼に与えるのは人間次第です。 そして、彼は自分の人生のやり方を見て、それが起こらないこと、そして彼のせいではなく、神が世界が生まれるために悔い改めなければならないことを見ることができます。」
(ハンス・ヨナス:アウシュヴィッツ後の神の概念)

「私たちはパラダイスに住むために作られました。パラダイスは私たちに仕えることを目的としていました。 私たちの目的は変わりました。 これはパラダイスの決意で起こったであろうとは言われていません。」(フランツ・カフカ:アフォリズム)

重量 nv
サイズ nv
Translate »