ハンナ・アーレント-悪について。 倫理の問題に関する講義

9,80 34,80  付加価値税込み、送料込み

アクセル・グルーベによる全文朗読
再生時間:358分。
オーディオサンプル

 オーディオサンプル1
 オーディオサンプル2

リセット選択

この講義では、ハンナ・アーレントは、国家社会主義の下での美徳と慣習の意味での前例のない崩壊と道徳の失敗の後、倫理または善の性質さえも正当化することができる方法の問題を探ります。 カント、ソクラテス、ナザレのイエス、フリードリヒニーチェなどの思想家を自由に参照して、彼女は「悪」は「表面現象」であるという感覚に導かれています。それにはルーツがなく、制限もありません。想像を絶する極端に発展し、全世界に広がる可能性があります。 一方、善または善を行う必要性は、より独創的な力、自然エネルギー、本能として現れます。 「そしてもちろん、この余分な強さ(ニーチェ)、この贅沢な寛大さ、または「あふれ、無駄な意志」が人々に善を行い、喜びをもってやりたいと思うように促します。 ナザレのイエスやアッシジの聖フランチェスコのように、生涯を「善を行う」ことに捧げてきた少数の有名な人々に最も明白なことは、確かに柔和ではなく、あふれている力であり、おそらくそれではありません性格のものですが、その性質のものです。」 (ハンナ・アーレント)

重量 nv
サイズ nv
Translate »